おすすめFX会社 比較ランキング

みんなのFX 取引ツールについて

    

投資家の技術力によって対応できる3つの取引ツールについて

みんなのFXは長年一貫して取引ツールをウェブブラウザベースとしてきています。
2014年に久々に大幅な改定を行いさらにウェブベースでありながら高機能なものを提供するようになっています。

『PCで操作が可能な取引ツールについて』

ウェブブラウザベースのツールはシンプルなFX WEBと高機能でインストールタイプとほぼ互角に利用できるFX TRADERそして、FX TRADER2の三つが用意されています。

FX WEB

FX WEBは一枚の画面に必要情報が全部表示されますので簡単に売買をしたい時に利用しやすいもので、デバイスを問わずに利用できるため出先などで利用するのに便利なツールとなっています。

機能だけを考えると、シンプルになっているために、中級者以上の方にとっては物足りないように感じるかもしれませんが、初心者の方にとっては、見るべきポイントが少なくなっているので、入り口としては最適になっています。

FX TRADER

一方FX TRADERはウェブベースながら本格的なテクニカルツール分析ができるもので、実際に使って見ますとおどろくほどサクサク動き、非常に軽快に利用できるところが大きなメリットになっています。

これならばインストールベースと殆ど同じ様に利用が可能といえます。チャートの精度も高いですし、ワンクリックでの注文も実に簡単にできますので、以前のバージョンよりもさらに使いやすくなっていることは間違いありません。

FX TRADER2

さらに、FX TRADER2では、1つの画面に取引に必要な情報やツールが集約されているので、注文だけではなく、マーケット情報を確認しながら取引をすることも可能です。
また、自分好みの画面にカスタマイズすることも可能になっているので、WEBベースの取引ツールでありながらも、インストールベースのような使い方が出来るためにオススメのツールになっています。

注意点としては、要求されるパソコンのスペックが高くなっているために、低スペックマシンでは、まともに動作できない可能性があることは覚えておいて下さい。

iPad用のサイトも用意されていますので、かなり便利に利用することが可能です。

『スマートフォン、またはモバイル端末での取引ツールについて』

一方スマートフォン用にはiPhone、Android専用でアプリが用意されており、ほぼFX TRADERに準ずるレベルの利用ができるようになっています。

最近ではスマートフォンからガラパゴスケータイに乗り換える人も多くなっています。
そのような方のために、モバイル端末でも取引が可能になっていて、取引画面などの構成については、FX WEBと似たようなシステムが使用されています。

ただし、リアルタイムで自動更新をしてくれるということはありませんので、更新ボタンを押さなければならないのは少しだけ面倒です。

プラットフォームを選ばずに高いレベルの利用ができるのは大きな魅力といえます。