おすすめFX会社 比較ランキング

外為オンライン 口座開設について

    

口座開設は個人と法人に分けて登録することができます。

まず個人口座の開設は、同業他社とほぼ同じようにオンライン上で申込をし、必要書類を写メールで送付するかデジタル化して送付すれば完結することとなります。もちろんファックスや郵送でも必要書類を送付することは可能となります。ほぼ申込から3~5日で審査を終えてIDとパスワードが郵送で送られてきますので、初回入金が済めば早速取引を開始することができます。

本人確認書類としては、健康保険証、運転免許証、パスポート、年金手帳、福祉手帳、外国人登録証明書、住民票の写し、住民基本台帳カード、外国人登録原票などの中から都合のいいものを1点を送ればいいので、比較的簡単に申しこみができます。

また、法人口座の開設にあたっては、日本国内に本店が登記されていることが必要となり、それを証明する登記簿謄本の写しが必須の書類となります。また常に連絡が取れる電話やメールを設置していることも必要になります。

また国内の金融機関に口座を持っていることも重要となります。これだけの条件とクリアできれば、一応の申込資格があるものとみなされます。金融機関で口座を開設できているというのは一つのフィルタリング条件となっているところが多く、これは口座開設には必須の条件となるのです。そのほかに社内規定で、法人としての総資産額や資本金などを見られるケースもあるようですので、申込にあたっては条件をクリアしているかどうかをチェックすることが重要となります。

法人の口座開設の注意点

個人口座は本人確認さえできれば、よほどのことがない限り開設を拒否されることはありませんが、法人口座に関しては単純に大きなレバレッジを獲得するための口座開設やマネーロンダリングのために開設することなどをかなり厳しく関係当局からも指導を受けている関係で、一定の審査基準をもって業者にフィルタリングをかけられることがありますので、安易に申し込んでみても条件をクリアしていないと意味がないことになります。

したがって、FXで法人口座を開設するためだけに法人を立ち上げる場合には十分にその成立要件をあらかじめ業者に確認したうえで申し込みを行うことが肝要となります。法人口座の場合には通常ほとんどの関係書類は郵送による受付となります。写しではなく現物書類の送付が殆どとなりますので多少審査までには時間がかかることになることもあらかじめ理解しておく必要があります。

外為オンライン_540_120