おすすめFX会社 比較ランキング

外為オンラインの特徴について

    

外為オンラインにはいくつかの特徴があります。

外為オンラインは、スプレッドを含めて取引コストが低いのが特徴で、どちらかといえば短期売買に向いている口座ということができます。とにかく固定スプレッドなのでいつでも安心して売買することができるようになっています。サーバーも非常に増強されているため、約定力の高い会社として有名です。

広告だけが最近では話題になりがちですが、どちらかといえばシステム的にもかなり骨太な会社ということができそうです。これはISグループとしていくつものFX業者をもっており、共通のシステムをキャリーオーバーして使っている点も大きな利点となっていると考えられます。

国内のFX業者は短期向き、長期向きと新規サービス提供中心といった三つのカテゴリーにわかれており、その中でも初心者が利用できるものからプロに近いハイエンド層にアピールするものまで分かれていますが、外為オンラインは短期中心で長期の投資にも耐えられるプラットフォームの提供を行う会社ということができます。

逆に売買手法の新規性やテクニカルチャートレベルの高さといったような独自色は少なく、非常にコンサバティブな取引ツールを提供する会社となっています。

前述のようにグループ内にいくつものFX業者を抱えている関係上、少しずつ特徴を変えることで単純なカニバリぜーションに陥らないようにしているともいえるでしょう。

外為オンラインは少額(約5,000円)からスタートできる

取引口座には通常の口座に加え、1000通貨単位からでも売買できるminiコースも設定されており、初心者でも利用しやすいように配慮されています。

また、トレーディングツールも直感で簡単に売買ができる優れたインターフェースをもっているのが大きな特徴で、初心者でも迷わずに売買を進めていくことができることも特徴との一つとなっています。

豊富な情報コンテンツやセミナーの設定を積極的に行っているのもこの会社の特徴であり、他社に比べても遜色のないサービスを提供しているところも人気を呼んでいます。とくに最近では相場分析のコラムが非常に充実するようになっており初心者でも多くの情報が取れるようになってきています。

さらに、スワップポジションを高くしているのも同社の大きな差別化ポイントで、高金利通貨を買い向かうときにはしっかりとしたスワップ金利を獲得することができます。

全体を通じては、非常に安全に気を使う会社であり、信託保全先は新銀行東京から2008年に三井住友銀行をへと変更していますし、最近ではさらにリスクを分散するためにみずほ信託銀行も信託保全先を追加するなどの安全措置をとっています。

このようにいくつかの独自性を発揮しているのが外為オンラインなのです。

外為オンライン_540_120