おすすめFX会社 比較ランキング

FXブロードネットの特徴について

    

早い時期からトレードに関わるコストダウンに取り組んできた会社なので、今も取引コストの安さはFXブロードネットの大きな特徴となっています。また、一般的な仕様の口座と初心者向けのライト口座があるのも同社の特徴です。その他にも取引通貨ペアの数が多いことなど、魅力がいっぱいのFXブロードネットの特徴について詳しく述べていきましょう。

取引コストは業界最低水準

今ではいくつもの業者が競い合うように導入していますが、かつて取引レートの表示が小数点以下第2位まで表記していた業者はほとんどありませんでした。そんな時代に早くから小数点以下第2位のレート表示を導入し、ドル円のスプレッドを1銭未満にしたのがFXブロードネットです。この功績はとても大きく、今でもドル円のスプレッドは0.3銭となっており、業界最狭水準をキープしています。
取引コストが安いことでデイトレード派から高く支持されており、同社としてもこうしたユーザーの期待に応えるべくサーバーの容量を増強するなどの対応をとることで快適なデイトレード環境を維持しています。

初心者向けのライト口座は1000通貨単位からトレード可能

FX初心者が最も懸念することは、未熟な投資技術によって大損をしてしまうことです。何事も最初が肝心なので、最初につまずいてしまったらFXに対するイメージも悪くなってしまい、二度とやりたくないと思ってしまうかも知れません。
そんな人にオススメなのが、FXブロードネットライトコースです。基本的な性能は標準的なFX取引サービスと同じでありながら、取引通貨単位が1000通貨単位に引き下げられています。1000通貨単位はあくまでも体験をしてみたいと考えている人のためのもので、そこから大きな利益を出すのは難しいかも知れませんが、ライトコースで腕を磨いてから本格参戦というステップアップができるのもFXブロードネットならではです。

豊富な取引通貨ペアは24ペア

FXブロードネットの取引通貨ペアは24ペアです。これでもかなり豊富な部類に入ると思いますが、かつては28ペアだった時期もあります。基本的なドルストレートペアとクロス円ペアで構成されており、少しユニークなものとしては豪ドル米ドルやユーロポンド、豪ドルNZドル、対ユーロのオセアニア通貨ペアなどがあります。これらの通貨ペアは対円でのトレードに旨味がない時などに選択肢として検討しやすく、普段は使わないまでも「あって良かった」と思える時期が来やすいペア群です。