おすすめFX会社 比較ランキング

FXプライムbyGMOの注文機能と入出金について

    

注文機能について(IFD、両建て、ドテン等)

FXプライムbyGMOでは、裁量取引を基本とする選べる外貨では基本的な売買はすべて可能となっています。

成行注文をはじめ、指値、逆指値、OCO,IFD,IFDOCOなどの設定が可能ですし、複数のポジションの一括決済なども可能となっています。

ただ、トレール注文については残念ながら設定がなく利用はできません。
選べる外貨は初心者向けということもあり、個別の注文機能はインストール版でのウエッブ版であっても非常に使いやすくできています。したがって基本的には、直感で売買することができるユーザーインターフェースを備えたものとなっています。

またミラートレーダーでは、各ポジションの含み損が300PIPSを超えますと、自動的に強制決済が適用されることになります。したがって大幅なドローダウンはこれである程度抑えることができるようになっています。ただし個別のポジションに対してですから複数のポジションで同様の含み損を出した場合にはかなりまとまった損失を計上することになります。こちらはトレーダーインプットではなく一律に自動決済となってしまいますので、十分な注意が必要になります。

入出金関連について

FXプライムbyGMOの入出金はまずウエッブ上にログインすることによってマイページが現れ、そこで入金処理をすることになります。現在提供されている三つのプラットフォームのどれを利用するのでも同じように入金、出金のプロセスを利用することとなります。
まず選べる外貨に入金をして、その後に他のプラットフォームに振り替えを行うのが基本的な作業となります。

<入金>

入金についてはネット入金24を利用すればリアルタイムでの入金が可能となります。みずほ、三菱住友、三菱東京UFJ,りそな、埼玉りそな、楽天、ジャパンネット、住友SBIネット、セブン、ゆうちょの各銀行にネット口座があればリアルタイムで入金が可能となります。それ以外の銀行はFXプライムbyGMOの指定口座に振込という形をとり1日から2日で口座に反映されることとなります。こちらは通常の振込と同じですから土日が挟まるとさらに時間がかかりますし銀行の営業時間に微妙に影響を受けることになります。

<出金>

出金は同じくマイページから出金依頼をして2営業日後に指定口座に振り込みされることになります。入出金の履歴は常にこのマイページで確認することが可能となります。

また、ちょいトレやミラートレーダーへの資金振り替えもこのページで行うこととなります。
FXプライムbyGMOの場合には、異なるプラットフォームへの資金振り替えはリアルタイムで行うことができるためかなり便利です。

FXプライムの場合、入金、出金ともサービスレベルは平均といえます。特段素晴らしい条件でもないですが、一応中堅の競合他社とほぼ同一のレベルを維持しているということができます。先進業者ではすでに380行のネットバンク口座から即時入金が可能になっていますし、当日でも銀行の営業時間に間に合うタイミングであればリアルタイムで出金が出来るところも多数表れてきていますので、2営業日後の振込は平均以下のサービスといえます。資金にまつわる話はどれだけ業者が顧客をケアしているかを表すバロメーターとなっていますので他社と比較してみますとそのサービスレベルの違いをよく理解することができます。

金融機関の出身者やインターバンクディーラーが役員を務めている業者ではこうした部分のサービスレベルは非常に高く、リアルタイムの入出金を実現しているところが多くなっています。それだけ顧客の利便性というところに目が行く会社だということです。
こうした点でサービスレベルの低い会社はそのほかのコスト部分でも高いことが多く、企業としての一つの姿勢を表すものとなっているのです。