おすすめFX会社 比較ランキング

フォレックスドットコムジャパン スプレッド・通貨ペアについて

    

スプレッドはMT4とFOREX Traderで微妙に異なるものとなっています。
残念ながらフォレックスドットコムジャパンが開示しているスプレッドは、主要な10通貨ペアだけでそれ以外の40通貨は実際に登録して事前チェックしませんとどれだけのものになっているかは判らない状況となっています。

MT4に関してはどの業者も通常よりはかなり幅広くスプレッドを設定しているケースが多くなりますが、フォレックスドットコムについては、一部の通貨ペアを除いては比較的リーズナブルな設定となっており、変動率もかなり抑えられていることがわかります。

ただし、それでも一部の通貨ペアでは裁量取引などには適さないような幅広い設定になっているものも見受けられ、主力通貨だけを狭めていることがわかります。しかしながら、自動売買を専門に利用するのであれば、競合他社と比べてもかなり狭いスプレッドになっていますので、なんら問題はないと思われます。そもそもフォレックスドットコムの場合にはMT4の自動売買がもっとも大きなバリュープロポジションを占めていますので、あくまで自動売買でどうかという視点で評価することが重要と思われます。

FOREX Traderのスプレッド

一方、FOREX Traderのほうのスプレッドは比較的平均的であり、こちらも主要な業者の最狭スプレッドに比べればそれほど狭いものにはなっていませんが、一応標準的な許容範囲の中に入っているということができます。国内個人投資家が利用する主要通貨ペアでは通常のデイトレに利用する限り問題はないレベルといえます。また約定力のレベルは高いサーバーですので、スプレッドと約定力の双方で判断した場合には比較的良好な口座といえそうです。
ただし、スキャルピングのような売買を繰り返した場合には、1回当たり1PIPS以上コストが大きくなることも考えられる通貨ペアがありますので、多少注意が必要になりそうです。

国内業者の主要通貨以外のスプレッドが広がるひとつの要因としては国内で適切なカバー先を確保できていないことがその大きな理由となっていますが、外貨同士の通貨ペアについては外資系業者は自社のグローバルの取引ネットワークを利用して海外のカバー先を利用して思いのほか狭いスプレッドを提供してくれるケースもあり、今回このフォレックスドットコムが一般に公表している10通貨ペア以外の40通貨のスプレッドについてもぜひ細かくチェックしてから売買をスタートさせることをお勧めします。