おすすめFX会社 比較ランキング

DMM FXのスプレッド・通貨ペアについて

    

FX業者を選ぶ基準は人それぞれであり、また個人の自由です。しかし、取引することのできる通貨ペアやスプレッド幅は業者選びの大きなポイントであることは間違いありません。
ここでは、DMMFXで取引することのできる通貨ペア及び、スプレッドについてご説明したいと思います。

通貨ペアは何種類?

DMMFXで取り扱っている通貨ペアは全20種類となっており、米ドル円、ユーロ円といったメジャーな組み合わせから、ユーロNZドル、ポンド、スイスフランといったペアも可能となっています。
極端に多い通貨ペア、という印象ではないですが、DMMFX自体がまだ業界に参入して歴史が浅いということを考慮すると、充分な通貨ペア数ではないでしょうか。

2012年5月までは取り扱い通貨ペア数が12種類だったのですが、同年5月14日から8通貨ペアが追加され、それにより全20通貨ペアとなった経緯があります。
まだまだ発展途上のFX会社といった感が否めない業者ですが、その分伸びしろは期待できるのではないでしょうか。これからも更なる通貨ペア数増加も充分あり得るでしょう。

業界内最狭水準スプレッド!

スプレッド幅によってFX業者を選ぶ人も少なくありません。実質的な手数料である以上、このスプレッドの高い低いがコストパフォーマンスに大きく影響を与えます。
DMMFXでは業界最狭水準のスプレッドを設けており、例外こそありますが米ドル円に至っては0.3銭の原則固定スプレッドとなっています。これはトレーダーにとって嬉しいことではないでしょうか。

メジャーな通貨ペアである、米ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円などのスプレッドは低く、しかも原則固定というメリットもあります。
もちろん、スプレッドだけでFX会社を選ぶのはリスクも高いですが、それでもこのスプレッド値はコストパフォーマンスの面から見ても有益だと言えるでしょう。

まとめ

DMMFXの通貨ペアとスプレッドのご説明をしてきましたが如何だったでしょうか。20種類という豊富な通貨ペアと業界最狭スプレッドに魅力を感じた方も多いと思います。
もちろん、取り扱う通貨ペアの数が更に多いFX業者は存在しますが、スプレッドのことも併せて総合的に考えた場合、DMMFXを選択するというのも一つの手ではないでしょうか。

2009年からFXに参入したとあり、DMMFXは未だ発展途上状態にあります。これからも様々な面で進化を続けていくと考えられるので、迷っている方は一度試してみるのも良いでしょう。