おすすめFX会社 比較ランキング

DMM FXってどんな会社?【会社概要】

    

日本国内のFX業者は数多く存在しますが、その中には意外とも思えるような企業が参入していることもあります。DMMFXもそういった業者の一つで、まだ歴史の浅い会社です。ここではDMMFXについてご説明致します。

親会社はあのDMM.COM

DMM.COMとは、インターネットを経由したオンラインでのDVD、CDなどのレンタルを業務として行っている会社です。パソコンさえあれば、自宅から出ることなく様々なジャンルの映画やドラマDVDをレンタルすることが可能で、年々利用者層を拡大しています。

正式な企業名はデジタルメディアマートで、その中の一部署としてDMM.COMが存在します。母体であるDMMはデジタルコンテンツの配信を主な事業としており、他にも電子コミックやDVD通販も行っています。
月額定額での動画配信を行っており、一定の金額を支払うことにより動画は見放題、公式サイトからは無料で楽しむことのできる動画も取り扱っています。

2009年からFX業界に参入

DMM、すなわちデジタルメディアマート社の子会社であるDMM.COM証券。この会社がFX業界に参入したのは2009年のことです。
デジタルコンテンツやメディアの配信事業を主に手掛けているDMM本体のイメージとはかけ離れた事業ですが、様々なメリットを打ち立て口座開設者数も順調に伸ばしています。

特徴として挙げられるのはスプレッドの狭小さでしょうか。業界最高水準と呼ばれるほどのスプレッドを設定し、トレーダーに掛かる負担を少なくしています。
また、特別なアプリケーションを使用することなく取引することが可能で、ネット接続さえ可能であればどこからでも取引を行うことができます。シンプルかつ高い操作性が自慢で、もちろんデモ取引も可能です。

DMM FXは安心の信託保全

FX業者を選ぶ基準は人それぞれですが、信託保全体制の有無や信頼性は重要な要素だと言えるでしょう。DMMFXの信託保全は万全で、二つの銀行に信託する体制を整えています。
異なる二つの信託銀行を利用することにより、破綻などが起きた際でも資産の差し替えが可能で、クライアントの資産を守り抜きます。

DMMFXが信託保全に使用している銀行は、日証金信託銀行と株式会社SMBC信託銀行となっています。証券金融業界では最大手でもある日本証券金融株式会社の子会社である日証金信託銀行と、三井住友銀行の子会社であるSMBC信託銀行を利用しているので、その信頼性は言う間でもありません。
鉄壁のツートップ体制でクライアントの大切な資産を安全に管理するシステムが取られているので、安心して取引を行うことができます。